サステナビリティ

サステナビリティ's image

伊藤忠商事では中長期にサステナビリティを推進するため、従来の「CSR推進基本方針」と「環境方針」を整理・統合し、原点である「三方よし」の精神を踏まえた伊藤忠商事のサステナビリティ推進の方向性を「サステナビリティ推進基本方針」として策定いたしました。
伊藤忠中国では、このサステナビリティ推進基本方針に則り、以下のような活動を実施しています。

環境問題への取り組み

伊藤忠中国はさまざまな製品・サービスの提供や事業投資等の活動を行っており、地球環境問題と密接に関係しています。
持続可能な企業成長は、地球環境問題への配慮なしには達成できないという認識から、伊藤忠中国は大手商社の先陣を切り、2004 年3月にISO14001認証を取得しました。
事業活動が地球環境に与える影響を認識し環境リスクの未然防止を図るために、環境マネジメントシステムの運用を通じて、取扱う商品とともに、新規投資について事前に影響を評価する仕組みを構築しています。
また毎年数社のサプライヤーを訪問して、伊藤忠中国の環境問題に対する意識をサプライチェーン全体に浸透させるとともに、サプライヤーの環境問題に関する経験や方針を学んでいます。

社会への貢献

伊藤忠中国は地球的視野に立って「良き企業市民」として果たすべき役割を自覚し、地域社会との調和を図り、持続可能な社会の実現に貢献することを目指しています。その実現のため、各拠点で以下3つの重点分野を中心とした社会貢献活動を実施しています。

次世代育成

次世代を担う青少年の健全な育成を支援する活動を行い、心豊かで活力ある社会の実現に貢献します。

環境保全

環境保全活動を積極的に行い、社会の持続的な発展に貢献します。

地域貢献

良き企業市民として地域社会との良好な関係を構築し、地域社会との共生を図ります。